縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画 ゾンビ映画 B級映画のあらすじ・ネタバレ・レビュー・感想を書きます!個人的なレビューや評価ですがおすすめを書いていきます。ネタバレが多いのでネタバレOKな人だけご覧ください!

【ネタバレ】イット・フォローズの正体・結末・あらすじを解説!ラストはハッピーエンド?

<

今日はイットフォローズのあらすじと評価、そしてイットの正体をネタバレを交えて書いていきます。
果たしてラストの結末はハッピーエンドなのか?

【イットフォローズ評価】
80/100点
https://isearch.c.yimg.jp/image?id=de9a1c4cccab5b6b911feb3b866ef86e

【イットフォローズあらすじ】
19歳のジェイは男と一夜をともにするが、その後、男が豹変。縛り付けられたジェイは「“それ"に殺される前に誰かにうつせ」と命令される。
“それ"は人にうつすことができる。
“それ"はうつされた者にしか見えない。
“それ"はゆっくりと歩いて近づいてくる。
“それ"はうつした相手が死んだら自分に戻ってくる。
そして、“それ"に捕まったら必ず死が待っている。
果たしてジェイは、いつ、どこで現れるかわからない“それ"の恐怖から逃げきることが出来るのか―。

【イットフォローズのレビュー(ネタバレあり)】

表題どおり何者かが付いてくるお話です。
日本でも憑くという言葉があるように何かがついてくるというのはとてもイヤなことですね。

このお話最大の疑問、それは「イット」の正体は何なのか。
・セックスをするとついてくるようになる(スタートする)
・歩いて近づいてくる
・追いつかれると死んでしまう

ネット上では性病やエイズなどの意見がありますが、私の一つの答えは「死」そのものではないかと思っています。

普通に考えてしまうと、この物語は単調なお話で矛盾したり説明できないものが多すぎます。
ですが、このお話自体がある概念を模したメタファーだと思えば、個人的にはスッキリしました。
それが人間の生と死の概念です。

セックス=出生とすれば、その瞬間から死のカウントダウンがはじまります。
そしてこのイットの最大の特徴は必ず歩いて来るということ。
すなわち一定のスピードで進んでおり、これは実は「時間」や「カウント」ではないかと思います。
時計の秒針が一定のスピードで進むのと同様に人間の生も一定のスピードで進みます。裏を返せば死も一定のスピードで迫ってきます。

デート後のジェイの台詞「子供のころは大人のデートが楽しみだった。自由にあこがれていた。いざ自由になるとどこに行けばいいのか、、、」
これは大人になると生は有限であり、死があるかぎり自由ではないということを知ってしまうことを指しているのではないかと思います。
子供のころいつか自分が死ぬと思うと怖くてしょうがなかった経験はありますよね。
https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=3IFmqSwXyLGNpHnY6CtVg3qJo3pHF1vE9DwuSrRNcKa2_mB8qE8iZUJ2OPWbLhJSKLptLRTTSYwCxd.z28kpZTiSxeZT4FTjbZPA4TBk6jtF2F4iNDqwnHhlDg1zBX4kL8j4mqVITVEI4.1N5g--&sig=138orpsob&x=262&y=193

また、ひたすら白痴を読み続けている友人が読み上げていることも本作では重要な役割を果たします。
「どうしようもない窮地になると、人間は座り込んで最後の瞬間を待とうとする」(トランプで友人同士でババ抜きをしながら話すシーン)

「拷問には苦痛と傷が伴う。  肉体的苦痛は精神的苦痛を超越し、  人は傷の痛みに死の瞬間まで苦しむ。
だが、最悪の苦痛は傷そのものではない。最悪の苦痛は、あと1時間、あと10分、あと30秒、そして今この瞬間に魂が肉体を離れて人でなくなると知ってしまうこと。この世の最悪はそれが避けがたいと知ることだ。」(最後に入院しながら)

いずれも死を意識することが実際に死ぬよりも何倍も苦痛であることを表しています。
すなわちイットが追いついてくるのではなく、自分が足を止めてしまったとき、イットはその人を捕まえます。そのときに人は死以上の苦しみを味わうのです。

イットに抗う手段は何なのか。

個人的な答えは「前を向いて歩き続けること」
ラストで後ろからまたイットが付いてきてましたよね。でもジェイは新しい彼氏と後ろを振り返ることなく進んでいきます。
実は前を向いて歩いている限り、彼らに追いつかれることはありません。(と思っています。)
彼らを意識した瞬間に逃げようとすると、走って転んだり、怪我をしたりします。
彼らは確かに近づいてきますが、そのスピードはゆっくりで歩みを止めない限り追いつかれることはないのです。

作品中よくみんなが寝ているシーンがありますよね。もちろん彼らはドアをいすで塞いだりしていますが、イットは来ませんでした。
寝ているときは死を意識することはないですからね。

まとめると「人生は常に時間が流れているから、死を悲観的に受け止めることなく、常に前向きに生きていかなければならない」
私なりにラストはこう解釈しました。
つまり最後は「ハッピーエンド」です。

【イットフォローズの最後に】

なんとも見終わったあとに頭の整理が必要な映画です。
私なりの理論を立ち上げましたがそれでもいくつか疑問は残ります。

例えば幼馴染のポールは最後のほうで8マイルで娼婦を物色する場面があります。
あれはおそらくポールが娼婦と性行為をすることでイットを移したのだと思いますがあれが何を意味するかはうまく説明ができません。
また、ジェイも海でボートに乗っている男性たちのところへ行こうとする場面があります。
あれが海で自殺するつもりだったのか、あるいはボートの男性と性交渉を持つことでイットを移したのか、疑問です。

このように考え出すと気になってしょうがありませんので今日はこの辺にしておこうと思います。