縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画 ゾンビ映画 B級映画のあらすじ・ネタバレ・レビュー・感想を書きます!個人的なレビューや評価ですがおすすめを書いていきます。ネタバレが多いのでネタバレOKな人だけご覧ください!

バイオハザードは映画よりCGアニメがおすすめ?徹底比較!

バイオハザードCGアニメと映画どちらがおすすめ?徹底比較!

ゲームからスタートしたバイオハザード

さてみなさん「バイオハザード」はお好きですか?
多くの人はカプコンから出ている大ヒットテレビゲームを思い出すでしょう。
私自身小学校のころからバイオハザードのゲームをしていた人間です。
ポリゴンのレオンやジルを捜査しながら必死にラクーンシティから脱出していた人間です。

一方で私の主観ですが、映像で見た場合のバイオハザードはミラジョボビッチのハリウッド版バイオハザードを思い出す人がいるのではないでしょうか。
知らない人もいるかもしれませんが、バイオハザードシリーズはCGアニメも存在します。
もう3作(実際はもう1作あるらしい)あるのです。

今回はアニメ版CGが映画版のバイオハザードよりも優れていると思う点を紹介したいと思います。

ゲームの世界観に忠実である

大ヒットゲームですから知らない人はいないと思います。
特にゲームをしている人からすれば大好きなゲームの一つにバイオハザードを上げる多いでしょう!
そんな人たちは実はゲーム以外でもその登場キャラクターに会いたいと思っています。

レオン、クレア、クリス、ジル、みんな魅力的なキャラクターであり、それぞれが使命感を持ってアンブレラ社と戦っています。
彼らの活躍をもっと見たい!
そういう要望に応えたのがCGアニメなのです。

そのため、ゲームの世界でのキャラとCGアニメのキャラは設定が一緒です。
一方で映画のほうは実写という面もありますが、あまりにも違いすぎます。

映画ではミラジョボビッチ演じるアリスが主役ですが、ゲームにはそんなキャラは出てきません。

アリスというチートキャラがいない

先ほども出ましたがゲームやアニメCGにはアリスがいません。
映画ではアリスはGウィルスかTウィルスかなにかを入れられ最強の戦士になります。
戦闘能力だけでもほぼ素手で追跡者とガチンコ殴り合いで勝っていました。

アメリカ映画だとそれでいいかもしれませんが、あくまでもバイオハザードはパニックホラーです。
人間よりゾンビのほうが強い、でも少しだけレオンは人間より勇敢、ぐらいがちょうどいいのです。
実際にレオンは射撃や戦闘はそれなりですが、普通の人間です。

大体ボスを倒すときはタンクローリーを爆発させたりクレーンで相手を押しつぶしたりとよくも悪くも攻撃は庶民派です。
こういった、アリスのようなチートキャラがいないのが絶妙に緊張感を持たせてくれます。

日本人らしい"恐怖"の描き方

これはうまく説明ができるか自信がありませんが、日本人ホラーは稲川ホラーのようなお化けをベースにしますが
アメリカホラーの場合は基本的に脅威やスリル極論すればアクション性が中心になる。

この点やはりCGアニメのほうが日本人が造っているだけあってゾンビが怖いです。
それは動きであったり、場面であったりそういった要素がお化けよりにあるのだと思います。

ハリウッド版のゾンビはお化けというよりは人を脅かすという演技に見えませんか?
私はそういう風に思っています。

まとめ

これらすべての要因ははじめに書いたバイオハザード=ゲームというところから来ています。
日本国内ではゲームからスタートしているユーザーがまだまだ多いことから、アニメCGのほうが圧倒的にその世界観に魅力を感じます。
しかし映画には映画のいいところもあります。その点はまた今度紹介しましょう。
もしCGアニメいいなと思ったかたこちらで紹介してますのでどうぞご覧ください。
www.horrorxzombi.com