縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画 ゾンビ映画 B級映画のあらすじ・ネタバレ・レビュー・感想を書きます!個人的なレビューや評価ですがおすすめを書いていきます。ネタバレが多いのでネタバレOKな人だけご覧ください!

【初心者OK】一生に一度は見てほしいアメリカドラマのおすすめランキング TOP5

<

アメリカドラマ初心者におすすめの作品ランキング

皆さんはアメリカドラマを見ますか?私自身はもうアメリカドラマ歴15年ぐらいです。

初めて見た海外ドラマはツインピークスです。

もちろん公開当初の作品ではないですよ、あれは何十年も前の作品ですから。

ですが、ツインピークスにはじまりアメリカドラマが日本を席巻するのは時間の問題でした。

アメリカドラマについてはとてもよく見る人と全く見ない人のどちらかが多いように思います。

私はもうアメリカドラマの虜になってまして、すでにもう止まらないくらい毎日見ています。

今日はそんなアメリカドラマ、騙されたと思ってぜひ一度見てもらいたい作品を集めました!

第5位 ゲーム・オブ・スローンズ

ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を原作としたHBOのテレビドラマシリーズ。

数々の賞を受賞しており、その実力は折り紙付きです。今現在もシーズンは進んでおり、まるでロードオブザリングのような世界観と中世の雰囲気を融合させた作品です。

個性豊かな登場人物たちはそれぞれの政治の思惑により自身の国、自分の地位についての繁栄を目指していきます。

見どころは裏切りを含む人間関係。

ゲームオブスローンズのいいところであり、悪いところであるのが、人間関係が複雑であること。

ある時は仲間だったのが突然敵になったり、王族だったのが突然乞食になる自体になったり、長く続くドラマなのでそこらへんのスパイスは強めに効いており、見ていて圧倒されます。

個人的にはエミリアクラークが好きです。

ドラゴンを操る彼女はブルーが似合う色白の金髪美人。

「エミリアクラーク ゲームオブスローンズ」の画像検索結果

ちなみに、この作品では結構女性が脱ぎます。

作品に出演する女性はほぼ間違いなく脱いでいるので、それ目当てで見る人もいるとか。

第4位 プリズンブレイク

もう今となっては10年以上前の作品ですが、当時とても人気のある作品でした。

投獄された自分の兄(バローズ)を助けるために弟のマイケル・スコフィールドが自ら牢獄へ入り、脱獄を企てるというストーリー。

久しぶりに見ても十分楽しめるストーリーちなみに。シーズン1で脱獄するため、シーズン2は脱獄後の話ですが、それでも題名はプリズンブレイクです。

f:id:takkita411:20180210073555p:plain

頭のいいマイケルが、監獄の中のパワーバランスをうまく利用しながら最終的に仲間を増やしていき脱獄まで至ります。

仲間というのが一筋縄ではなく、全員犯罪者ですから、それぞれ信用できるわけではありません。

そんな中でピュアなマイケルが毎回難題を解決していくのが本作のおもしろさです。

もちろん好きなキャラクターはマイケルです。

イケメンですよね。

第3位 ビッグバンセオリー

以前紹介したビッグバンセオリー。

コメディが好きな人にはとても合うと思います.

特にアメリカ特有のウィットに富んだ会話やちょっぴりの下ネタ,、オタクを皮肉たっぷりにからかう感じ 作風は 万人受けするドラマだと思います。

普段アメリカドラマのコメディは一切見ないのですが、これはお腹を抱えて笑うことができます。

1作品30分程度なので、隙間時間で見ることができるのも特徴です。

Huluでは全シーズン見ることができます。

f:id:takkita411:20180209212647p:plain

 やはり一番特徴的な人物はシェルドンクーパーでしょう。

変人科学者、皮肉屋でまるでロボットのような天才です。

オタク集団が女の子と付き合いたいという欲望から色々な失敗を繰り返して互いに笑いあいながら人間的に成長していくそういう話でもあります。

 少し下ネタも入っていますがま適度な感じだと思うのでとても楽しめると思います

 第2位 メンタリスト

 第2話メンタリストで一話完結型の刑事ものです。

これもすでにシーズンが終了している作品ですので一気見もできます。

メンタリストというのは心を読む人でサイキックと言われるペテン師のことです。

もちろん全てのサイキックがペテンシであるとは限りませんが、少なくとも本作の主人公であるジェー はまぎれもなく詐欺師です。死者と会話をしたり、人の心を読んだり、類まれなる観察眼で相手を意のままに操ります。

そんなジェーンがCBIという警察組織と協力して事件を解決していく話です。

普通の警察だと思いつかないような操作手腕でどんどん犯人を当てていきます。

彼は見た瞬間にほぼ犯人の目星をつけて、時には相手を罠にはめ、時には相手は出し抜き、見方も欺き、そして最終的に犯人を追い詰めていきます。

f:id:takkita411:20180210081400p:plain

ジェーン の最大の敵はレッドジョンと呼ばれる殺人鬼。

自身も自分の奥さんと子供レッドジョンに殺されています。

シーズン後半ではレッドジョンとの対決もありそこも見所です。

そうは言ってもやはりメンタリストの見所はジェーンの人並外れた直感力や推理力、そして通常の捜査とは違う、独特の捜査手法。それが見所です。

今作の注目すべき人物はもちろんパトリックジェーン演じるサイモンベイカー。プラダを着た悪魔でも出演していた彼は2枚目の甘いマスク で見る者を魅了します。

 

第1位 24 TWENTY FOUR

 そして栄えある1位はやはり TWENTY FOUR です。

アメリカドラマを初めて見た作品が TWENTY FOUR という人も多いのではないでしょうか。

今思えばこれも10年以上前の作品ですが、初めは24時間もドラマを見たら飽きるのではないかと思っていました。

が、見始めると逆に止まらなくなってしまい、土日で全て24話を見てしまったという人もいるのではないでしょうか、

それぐらい TWENTY FOUR は中毒性があり次の展開が気になる作品になっています。通常ドラマというのは一話完結型が多いのですが TWENTY FOUR は一話では完結しません。

むしろラスト15分で新たな謎が出てきて、あるいは新たな展開が出てきて、次の回を待ち焦がれるようになります。

f:id:takkita411:20180210081914p:plain

見所はジャックバウアーのキャラクターや展開ですね。

手段を選ばずに何でも前に進めていく兆候なリーダータイプ

そして国の安全を優先し、個人を犠牲にする彼の考え方は時に正しく時に間違っている、そんな善悪の判断すら難しいそんな展開が本作は楽しいです。

ジャックバウアー演じたキーファーサザーランドはもはや他の役を演じてもジャックにしか見えません

今でも定期的に新しい TWENTY FOUR が出てきており、相変わらず最強なジャックは健在です。

まるでダイハードのジョンマクレーンのように常にテロリストと戦い、必ず勝ってきました。

通常何シーズンも続くドラマだとどうしても飽きてしまい終わりの方のシーズンはとてもつまらないということがあるのですが、 TWENTY FOUR の場合はとても面白く何シーズン見ても飽きません。

もちろんシーズンごとで面白い回と面白くない回もありますが、それでも浮き沈みが激しいストーリーは何度見ても次のシーズンを見ようと思うようにできています。

おそらく今後この作品に勝てるような作品は出てこないのではないかと思います。

 

おすすめアメリカドラマの最後に

いかがでしたか?最後は24というのは意外性がなくて申し訳ないのですが、やはりこの作品を超える作品は今のところ出てきていません。

日本でもこういう作品は作れないのではないでしょうか。

最近のアメリカドラマは無駄に長いだけで、内容が薄いこともありますが、常に次が見たくなる中毒性はまるでジャンクフードのようにどの国でも蔓延していき、見る者を惹きつけますね。

土日でまとめて見てみてはいかがでしょうか。