縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画 ゾンビ映画 B級映画のあらすじ・ネタバレ・レビュー・感想を書きます!個人的なレビューや評価ですがおすすめを書いていきます。ネタバレが多いのでネタバレOKな人だけご覧ください!

アドセンス収入やアフィリエイトは税金がかかる?【税金を払わなくてすむかも!】

<

f:id:takkita411:20180316175949p:plain

(以下税金・法律・節税について書きますが、いかなる損失も私は保証できません。)

はてなブログをやりながらアドセンスやアフィリエイトでがっぽり儲かっている人もちょっびっと儲かっている人も、そういえばこれって税金がかかっているの?って思う人はいるのではないでしょうか。

税金といえば所得税、住民税、消費税が私たちが一般的に納めている税金だと思います。

ちょっと税金について整理してみます。

アドセンスやアフィリエイトは税金がかかる?

 

結論から言えば税金はかかります。

税金がかからない収入と言うのはありません。

ふるさと納税でもらったお礼品でも税金がかかりますし、ヤフオクやメルカリで売ったものも税金がかかります。

皆さんはそれを単に確定申告で申告していなから税金が取られていないだけなのです。

サラリーマンの人には確定申告の義務がありませんので普通の人にはその意識がないだけなのです。そういう意味で脱税しているわけです。

 

小額であれば申告の義務がない?

 

 よくネットで20万円以下の収入なら申告不要というのを見ますが、都合よく解釈してはいけません。

よくある間違いはサラリーマンだけど医療費控除やふるさと納税、住宅ローンで確定申告をしているけど20万円以下の収入だから申告しない、という人がいますが、これはだめです。

確定申告の義務がないというだけで確定申告をするなら20万円以下もちゃんと申告が必要です。

もっと細かいことを言えば、所得税はそれでいいですが、住民税は免除されませんのでしっかり役所に申告することが原則です。

ですので小額だから申告しないは基本的に言い訳としてはいまいちでしょう。

申告しない人ばかりじゃないの?税務調査でばれる?

 

実際は申告しない人が多いでしょう。これはそもそも義務があることを知らない、あるいは小額だからばっくれているケースが多いのでしょう。

バレるとしれば税務調査が入ったときでしょうが、正直言うとサラリーマンが確定申告をしないぐらいでは何もおきません。

残念ながら税務調査が個人に入るのはかなりのレアケースです。

税務調査は「こいつから税金をもっととってやろう」という理由で入るのですからたかだか年収数百万円のサラリーマンを調査しても何も出てこないのです。仮にでてきても数万円の罰金というのがあるかないかでしょうから、税務署員のコストを考えると意味がないのです。

ぶっちゃけどういう人はちゃんと申告したほうがいい?

 

一つは収入が多い人です。

それは年収2000万円以上の人はちゃんと確定申告したほうがいいです。

先ほどばれるとしたら税務調査だという話をしましたが、税務調査も個人で入るとすればこのレベルの人です。

特に年収2000万円超の人は確定申告自体していないで罰金をくらうケースがありますから。(2000万円以上の所得の人は確定申告の義務がある)

逆に言えば以外の人は正直あまりあわてなくて大丈夫だと思います。

まじめに申告しようと思う人は節税をちゃんとしよう!

 

もちろんまじめに申告するのはありです。それがあるべきことです。

アドセンスで今年は1万円の収入がありました。だから税金は20%の2000円を払います。ということはとても重要です。

ですがせっかくまじめに申告するならしっかり節税もしましょう!

というか多くのブロガーは基本的には結果的に税金を払う必要はないと思っています。

Adsenseなどの収入はいわゆる「雑所得」というものに該当します。

雑所得は

総収入金額-必要経費=雑所得

と言う風に計算されます。

総収入金額をごまかすことはできません。あなたの銀行口座にお金が入っている以上100%ばれます。

雑所得を0ないしはマイナスにするのは必要経費を考える必要があります。

必要経費とは何か?一言でいえば収入を得るために要した費用です。

私の映画ブログを例に必要経費を考えてみましょう。

例えば以下が考えられます

ブログの運営費用(はてなプロの費用、ドメイン代など)

まず誰でもそうですが、ブログを書いていて必要な経費といえばブログの運営維持費用ですよね。

これははてなプロの費用、ワードプレスなんかの人はサーバー代もそうですし、ドメインの代金も運営に必要です。

もっと言えば、ブログを買うためにパソコンを買ったとしましょう、このパソコン代も経費に入れられます。ただしパソコンの場合はブログ以外でも使用できるので全部は経費にならずたとえばブログでパソコンを使う時間からおおよその割合を算定して経費にできます。例えばパソコンを1週間に10時間使用するとします。

そのうちブログを書いたりする時間が3時間だとすると3割を経費として入れることになります。

映画ブログのネタのための費用(映画館の費用など)

 

映画ブログなので映画を見るための費用はもちろん経費ですよね。

ツタヤのレンタル料、映画館の費用、映画館までの交通費、映画を見ているときの食べ物、Hulluの費用などなど映画のブログを描くためにいっぱいコストをかけてますよね。

これらは一例でもっとあるはずです。

勉強のための費用(書籍や有料メルマガ)

 

アドセンスやアフィリエイトで稼ぐためにアドセンスの本を買ったりしていませんか?有料メルマガに登録してノウハウを集めていませんか?

あるいはブログのオフ会に参加していたらそれも入れられるかもしれませんね。

 

なんでもありだが、注意点は?

 

 以上かなりアグレッシプに色々書きましたが、正直必要経費にブライトライン(明確な定義)はありません。

極論すると映画ブログを書くために子供を保育園に預けたのでその費用を経費に入れるというのも戦う余地があります。

一つ注意点は

必ず領収書をとっておくということ

です。

経費であることを証明できないと意味がありません。

あと、パソコンのときもそうですが、ある経費が100%経費になるとは限りません。ある程度の理屈をつけて一定割合を経費に入れることができます。そこのロジックは考える必要があります。

 

ブロガーの税金の最後に

 

かなりアグレッシプな記事を書いたので怒られそうです。

確定申告をしない場合でも将来万が一税務調査が入ることを考えて領収書やレシートをいっぱい取っておくことは重要だと思います。

まあそもそもブログでそんなに収益を稼げる人もいないでしょうし、数万円の収益だと上記のいくつか経費を積み立てるとすぐに0円になってしまうように思いますのでやはり税金は払う必要がありませんね。

こちらもどうぞ

 

www.horrorxzombi.com

 

 

www.horrorxzombi.com