縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画 ゾンビ映画 B級映画のあらすじ・ネタバレ・レビュー・感想を書きます!時々独り言をつぶやくこともあります

映画ブラック・シーのあらすじ・ネタバレレビュー感想【潜水艦は男の夢】

映画ブラック・シー

ジュード・ロウ主演 アカデミー・オスカー監督ケヴィンマクドナルドのタッグで行われるスリラーです。

 実力派のメンバーがそろう映画ですが、単館上映だったようでこじんまり行われたようですね。

「ブラックシー」の画像検索結果

 映画ブラック・シーのキャストや評価

【CAST】
ロビンソン:ジュード・ロウ『グランド・ブダペスト・ホテル』、『コールドマウンテン』
ダニエルズ:スクート・マクネイリー『ゴーン・ガール』、『フライト・ゲーム』
フレイザー:ベン・メンデルソーン『エクソダス:神と王』、『ロスト・リバー』
ピータース:デヴィッド・スレルフォール『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン! 』
ブラッキー:コンスタンチン・ハベンスキー『裏切りのサーカス』、『ワールド・ウォーZ』
【STAFF】
監督::ケヴィン・マクドナルド『ラストキング・オブ・スコットランド』
脚本::デニス・ケリー「Utopia-ユートピア-」
製作::チャールズ・スティール、ケヴィン・マクドナルド
撮影::クリストファー・ロス、BSC『ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-』
編集::ジャスティン・ライト『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
音楽::イラン・エシュケリ『アリスのままで』、『ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』

評価:55/100点

潜水艦マニアはぜひご覧ください。それ以外の方々は自己責任でお願いします。

映画ブラック・シーのあらすじ

海洋サルベージの専門家ロビンソン(ジュード・ロウ)は、ある日会社を解雇される。家族を犠牲にしてまで働いてきた彼にとって仕事こそすべてであった。

そんな矢先、昔の仕事仲間で、鬱病を患うカーストン(ダニエル・ライアン)から、莫大な金塊を積んだドイツ軍のUボートが第二次大戦時から黒海のグルジア沖の深海に沈没したままになっているという情報を得る。

ロビンソンは、その引き揚げに成功すれば新規巻き直しの大チャンスになると考え、仲立ちをするダニエルズ(スクート・マクネイリー)のプランに飛びつき、お宝のサルベージに向かう。

リーダーで事情通のブラッキー(コンスタンティン・ハベンスキー)らロシア人5人と、艦長のロビンソンのほか、激しやすい潜水士フレイザー(ベン・メンデルソーン)らイギリス人6人の荒くれ者たちで急ごしらえのチームを結成し、ただ一人のアメリカ人、ダニエルズが彼らの動向に目を光らせる。

海上を通るロシア海軍に探知されないよう深く潜り、沈没したUボートが横たわる海域を目指す。暗く冷たい深海で、男たちは知力と体力を尽くして任務を果たそうと意気込んでいた。

しかし、ロビンソンが謎の投資家に渡す分を除いて金塊を乗組員全員で山分けすると宣言したのを機に、艦内の空気は一変する。

一攫千金に目が眩んだ乗組員たちは次第に制御不能になり、取り分を巡る醜い争いが勃発。

逃げ場のない船内は、やがて死闘の場と化していく。

映画ブラック・シーネタバレレビュー感想

潜水艦ものは昔から熱狂的なファンがいるものです。レッドオクトーバーを追えなどは典型的なセンス関大好き人間の映画で、金曜ロードショーなどでも一部の熱狂的なファンがいるものです。

本作をYahooの映画レビューの中でもざっと見てみると★5を付けている人はおそらく潜水艦ものが好きな人だなという感触がありました。

というのもの本作はなんとも評価がつけづらい沈黙の作品だからです。

シナリオに山や谷がないというわけでもないのですが、潜水艦という限られたスペースでの出来事なのでそれほど劇的なことが起こるわけでもありません。

実はこの作品はスリラーとして紹介されています。通常の潜水艦ものは戦争ものが多く、互いに隠れながら魚雷を発射して相手を撃破するたぐいのものが多いです。

しかし、本作は潜水艦としての機能に着目するよりも、「お宝を見つけた密室の人間たち」という、正直逃げ場のない密室であれば別に潜水艦でなくても描けた作品ではないかと思ってしまうからです。

 おバカな乗組員と救いようのない船長

 そして私自身あまりこの映画に肩入れできない最大の原因は登場人物がどいつもこいつもおバカで救いようがないからです。

潜水艦という狭い中でどうしてあんなに争いができるのか、なぜそんな簡単に相手を刺し殺してしまうのか。まだ金塊も手に入ってない段階から仲が悪すぎます。

そして極めつけはジュードロウ演じるキャプテンロビンソンの無能っぷりたらありません。せめて最高のリーダーシップをとって統制をとれればマシだったのですが、そもそも人員選択のミスが大きすぎてもはやリカバーしきれないくらい。人種をバラバラにしすぎて、分かり合えない者同士で結局はじめから最後までひたすら船員が喧嘩しっぱなしです。

こりゃもううまくいかないだろうな~と思っていたら特にどんでん返しもなく本当に仲が悪いまま終わってしまっては見ていてる側としてはつまらなすぎます。

絶望を味わいたい人にはグッド

 とにかくはじめから終わりまで暗い!みんな暗すぎるし頭が悪すぎる!

おそらく監督としては宝を見つけて自分の分け前を増やすためにお互いに殺し合いをはじめるぜ、っていう設定を密室の潜水艦の中でしたかったのでしょうが、色々な要素がいりまじりすげてそこの主題がぶれてしまっています。

・ロシア艦隊からいつ狙われるかわからない恐怖

・船員同士仲が悪いし、頭も悪いしで雰囲気最悪

・お宝を持って帰るか、捨ててロシアに降伏するか喧嘩になる

・しかも自分たちはクビになった会社の捨て駒として探索に行かされる

・乗組員がほぼ全滅するが、それはお宝に目がくらんでなったわけじゃなく、もうお宝を捨ててロシアに降伏するためという謎の理由

・結局人間がお宝に目がくらんで人が殺されるというシーンはない。むしろ、あいつはムカつくからとかいうくだらない理由

以上が結局本当にこの映画でやりたかったはずの「金に目がくらんで互いに疑心暗鬼になる」という主題から外れてしまう欲張った部分(いらない設定?)だと思っています。 

 

 映画ブラックシーの最後に

はじめの出だしは本当によかったんです。

まるでゴーストシップのように夢ある海洋ロマンのスタートに見えて、お宝を引き上げるぞ!という夢のある話で、船出のタイミングまでは和気あいあいと出航の準備をしていたものです。

ジュードロウもはじめのメンバーを選ぶあたりは楽しそうでした。

しかし、ゴーストシップもハッピーエンドと言い難いですが。本作も結局救いのない展開になってしまいました。スリラーとしての緊張感を欲張りすぎたせいで結局ひたすらマイナスのことばかり起こる映画で窮屈になってしまいました。

せめてお宝を見つけるぐらいまでは幸せいっぱいの作品であってほしかったです。そっちのほうが映画に緩急ができてスリルももっと出たように思います。

ちなみにゴーストシップの映画はこちら 。完全にホラーとしてテイストの違う作品になっています。

www.horrorxzombi.com