縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画 ゾンビ映画 B級映画のあらすじ・ネタバレ・レビュー・感想を書きます!時々独り言をつぶやくこともあります

ブログの赤字でなんとかしてサラリーマンの税金を取り戻したい!【事業所得と雑所得の備忘録】

<

「事業所得 フリー素材」の画像検索結果

題名を見てわかる方もいればよくわからない方もいるかと思います。

これは所得の中には、赤字が出たものは他の所得と相殺することができるものがある、という話です。

税務上は損益通算という話になります。

もし、損益通算が認められればブログを書いていることで生じる赤字を、サラリーマンとしての給与から控除できて節税ができると思う人が世の中にはいますが、今日はそれを検証しようと思います。

ブログで赤字ってどういうこと?

そもそもブログで赤字、ということについて説明します。

ことの発端はアドセンスやアフィリエイトで収益を得ている一方で、ブログを書くためにPCやスマホの購入、はてなブログの有料会員化、ドメイン料金など多くの費用がかかっていることを感じたことです。

そのため、単純にブログを書くこと自体は赤字が生じているのです。(もちろん、好きで書いているからお金を払ってレジャーすることは当たり前だ、という話は置いておいてください)

この赤字をなんとか税務署に認めてもらってその分サラリーマンの給料で収めた分の税金と相殺できないかな~なんて考えるのです。

事業所得と雑所得とは

上記の考え方を実行に移すには給与所得と相殺できる所得に認められる必要があります。

それが、事業所得です。事業所得とは読んでそのまま「自分で事業を営んで生じた所得です」

一方で、一般的にサラリーマンが副業したときに発生するのが「雑所得」です。

事業所得は給与所得との損益通算が認められていいますが、雑所得は認められていません。

つまり、ブログを書いてアドセンスやアフィリエイトの収益が「事業」として認められている必要がありそうです。

どうすれば事業所得として認められる?

一見事業所得と雑所得はその境界線があいまいです。

なぜならこれが「事業」だ!という明確な定義がないからです。

すぐに思いつくのは〇〇株式会社にするとか個人事業主として開業届を出せばいいのでは?と思うかもしれませんが、そんな形式だけで認めてくれるほど税務署は甘くありません。

freeeさんの記事によると以下の項目が事業としての最低限の要件になりそうです。

https://www.freee.co.jp/kb/kb-kakuteishinkoku/income/

「一定規模の収入が継続して得られること」

「相応の労力を要する」

「人や設備を投入している」

「職業として認知されている」

「生活の糧となっている」

つまり、それなりにがっつり、しっかりやっている事業であることが条件のようです。

つまりたかだか数万円の規模のアドセンス収益ではだめ、数日に1回程度の更新頻度ではだめ。ブロガーとして名が知れていなければだめ、サラリーマン給料だけで食えてたらだめ、ということのようです。

 

結論:現状はブログの赤字ではサラリーマンの税金は取り戻せない

残念ながら、現状の明らかかな片手間でブログを書く状況では事業所得とは認められそうにありません。

しかし、将来的に①サラリーマン給料に近い金額の所得が出る、②最低日に一度は必ず更新している、③ブログを書くためにそれなりに投資をしている(勉強や機器の購入)④クラウドソーシングで他メディアへ記事を書くなどしている、ということができてくると事業所得として認められる余地はありそうです。

④などは記事を書くことが自身のスキルとして市場に認められていることであり、職業としての認知を裏付けるためです。

ただ、事業所得に求められるくらの所得が出れば、赤字が出ることはあまり考えずらいですね。

あまり冒険してもしょうがなさそうなので、結局うまい話は無さそうというのが今のところの結論になりそうです。。。。。

こちらもどうぞ↓

www.horrorxzombi.com

www.horrorxzombi.com

www.horrorxzombi.com