縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画 ゾンビ映画 B級映画のあらすじ・ネタバレ・レビュー・感想を書きます!時々独り言をつぶやくこともあります

永遠の名作「24」のおすすめシーズンは?アメリカドラマの最高傑作を見よう!

<

f:id:takkita411:20180318092656p:plain

アメリカドラマ24は私がアメリカドラマにはまるきっかけとなった作品です。

私と同じような人は多いのではないでしょうか?

特にツタヤなんかにアメリカドラマがずらっと並んだのはこの24の中毒性が一つ上げられるのではないかと思います。

今日は24のおすすめシーズントップ3を紹介します。

第3位 24 シーズン1

24 シーズン1あらすじ

アメリカ合衆国で初めての黒人の大統領候補・デイビッド・パーマー議員が、今後24時間以内に暗殺されるとの情報が入り、ジャック達主要メンバーが召集をうける。

また、ジャックにはCTUの内部に裏切り者がいることを示唆され、単独で裏切り者を探すようシャペルから命令を受ける。

一方、ジャックの娘キムと妻テリーがパーマー暗殺計画グループに誘拐される。

そしてもう一方で、パーマー議員の息子が過去に犯した殺人という政治的スキャンダルが問題となり、真実を公表しようとするパーマー議員と、真実を是が非でも隠したい妻シェリー・パーマーとのし烈な争いが巻き起こる。

24 シーズン1レビュー

いきなりシーズン1がランクインです。

結構シーズン1が一番面白かったという人は多いのではないでしょうか。

24は先に進めば進むほどにストーリーが複雑化していき、展開や登場人物も複雑になります。

しかしシーズン1では主要キャラがいまだに確立されており、何よりジャックバウアーがまだ人間としての片鱗を持っていますね。

クライムサスペンスとして最高傑作の作品である24はそのシナリオで多くの視聴者の裏をかいてきました。

もちろん、24最大のどんでん返しはシーズン1の最後でしょう。 

第2位 24 シーズン2

24 シーズン2あらすじ

シーズン1から数年、デイビッド・パーマーはアメリカ合衆国初のアフリカ系アメリカ人の大統領として活躍。

パーマーのもとに「24時間以内にテロリストがロサンゼルスで核爆弾を爆発させる」という情報が届き、パーマー大統領からの懇願により、仕方なくジャックはCTUに復職。

その頃、娘のキムはLA市内にあるマシスン家でベビーシッターとして住み込みで働いていたが、一見幸せそうに見えるその家庭では、父親によるDVが行われていた。ジャックはあるアラビア人の家族が怪しいとにらむが、、、

24 シーズン2レビュー

 シーズン1に続き、スケールがパワーアップして帰ってきたシーズン2。

自暴自棄になってしまったジャックバウアーからスタートする本作はジャックが壊れていくきっかけとなるシーズンでもあります。

シーズン1よりもジャックの暴走度合いが上がっており、捜査官としての洗練度も上がっています。

何よりテロリストの動きが活発になり、それに合わせてジャックも手段を択ばなくなっていく様が見ていて気持ちいいですね。

このころから主要メンバーに動きが出てきます。

第1位 24シーズン5

 24 シーズン5あらすじ

中国政府に追われる立場となったジャックは「フランク・フリン」と名前を変え、日雇いの仕事をしながら生活していた。

一方、元大統領のパーマーはロサンゼルスで弟のウェインと共に回想録を執筆中にテロリストによって狙撃され死亡。

パーマーの暗殺直後、ミシェルとトニーもテロリストに狙われ、ミシェルは死亡、トニーは重傷を負う。そしてテロリストに狙われたクロエはジャックに助けを求めるが、、

24 シーズン5レビュー

うちの家族でもダントツで面白かった!というのが実はシーズン5です。

とにかく展開がめちゃくちゃ早いですので飽きずに見れます。

やっぱりジャックがいなきゃ!と思うのがこのシーズン。

何しろ敵はテロリストでもなく、あの人ですから。

完全にぶっ壊れたジャックがルールなしの世界で悪を成敗する。

そんなアメリカ的パニッシャーの精神が見えるのがこのシーズン5です。

しかもこのシーズン5、ほかのシーズン3,4といまいちだな~そろそろ24も終わりかな~と思っていた矢先の作品だったのでまたこれが期待を上回る作品になりました。

 

24のベストシーズンの最後に

 いかがでしたか?24はどのシーズンも飽きずに見ることができますが、強いていえばこれかなというのをあげました。

ちなみにごめんなさい、24レガシーはつまらなかったです。。。

やっぱりジャックがいなきゃだめなんですかね。