縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画 ゾンビ映画 B級映画のあらすじ・ネタバレ・レビュー・感想を書きます!時々独り言をつぶやくこともあります

実話映画「子宮に沈める」には直視できないつらい現実がある【大阪二児餓死事件】

実際に大阪で起きた児童2児虐待の事件を扱った作品です。

f:id:takkita411:20180808225116p:plain

子宮に沈めるのあらすじ

由希子(伊澤恵美子)は、娘の幸(土屋希乃)と蒼空(土屋瑛輝)と夫の4人家族でした。

しかし、夫はめったに帰宅することなく、彼女がたった一人で幼い娘と息子の世話と家事に明け暮れる毎日です。

結局一方的に夫に離婚を言い渡された由希子は、子ども2人を連れてアパートで新生活をスタートさせ、良き母であろうと奮闘しますが、いつしかアパートから姿を消してしまいます。

 大阪二児餓死事件の概要

本作に込められたメッセージを読み解くには、まずは子宮に沈めるの元となった事件である大阪二児餓死事件について知る必要があるでしょう。

2010年7月30日、「部屋から異臭がする」との通報で駆け付けた警察が2児の遺体を発見。

死後1ヶ月ほど経っていた。なお遺体が発見されるまで「子供の泣き声がする」と虐待を疑う通報が児童相談所に何度かあったが発覚しなかったといいます。

同日に風俗店に勤務していた2児の母親(当時23歳)を死体遺棄容疑で逮捕し、後に殺人容疑で再逮捕することになりました。

元々この逮捕された女性は両親が離婚し、家出を繰り返しており、20歳で結婚と出産を経験することになります。

そして、2009年5月には当時長男が0歳にも関わらず旦那と離婚し、一人で二人の子供を育てることになります。

母親は離婚後に風俗店が所有するマンションに移り住み、子供の世話をしますが、いつしか育児を放棄し、わずかな食事だけ用意し、当時の交際相手と過ごすようになりました。

2010年6月9日、今の扉に粘着テープをし、鍵をかけて、子供二人を自宅にとじ込め、同月下旬ごろ二人を餓死させています。

事件の発覚は7月の29日。50日ぶりに母親が一度自宅に帰宅、死亡を確認して、当時の上司に子供が死んだことを報告することから事件が発覚しました。

以上Wikipediaから抜粋

f:id:takkita411:20180808225324p:plain

子宮に沈めるの伝えたいメッセージ

映画は通常夢や希望を描くエンターテイメントとしての役割を持つが、この作品ではある種の警告を発しています。

まるで見ている人間に、地球のどこかではこんなことが起きている、というような現実を見せつけています。

見ていて目を背けたい気持ちも多くありながら、問題の本質は極めてシンプルでありつつ、その解決は困難を極めるとしかいいようがないでしょう。

 

育児放棄の親は悪人なのか

何かをすることが犯罪になることがあります。

人を殺してしまう、人のものを盗んでしまう、法律でやってはいけないことをしてしまうことは刑法によって罰せられます。

しかし、育児放棄は全くの逆で、やらないことが犯罪になってしまいます。

それゆえ、育児放棄は通常の犯罪よりも犯罪の実感が少ないのではないかと思います。なにしろ、育児放棄中は自分は別の好きな男といたりするわけなので、犯罪の感覚がかなり薄いのです。

実際彼女は子供を憎んでいたわけではないでしょう。別に殺したかったわけではないでしょう。

ただ、現実から目を背けたかっただけなのです。

f:id:takkita411:20180808225353p:plain

逃げたければ逃げてもいい、なんて話でもない

 自分がいじめにあったとき、うつ病になりかけたとき、よく「逃げたければ逃げればいい」なんて言います。

でも育児についてはそうは簡単にはいかないのです。

 なぜなら、つらいから逃げ出すと、子供が死んでしまうからです。

まるでうつ病の人に「もっと頑張れよ」と言っているのと同じでしょう。

f:id:takkita411:20180808225456p:plain

単純に被告のシングルマザーを責められない

 監督自身も言っています。

 

マスコミは連日のように、この事件を取り上げ、容疑者であり、遺体で見つかった2児の母でもある下村早苗を非難しました。この事件のニュースを知った時、私はショックを受けると同時に、マスコミや世間の一方的な母親へのバッシングに違和感を感じました。

子宮に沈める公式サイトより

 

私もこれを見て感じたのは単純に母親を罰して終わる話ではないということです。

この問題は「あいつはヤリマンだ」「あいつは人ではない」などという誹謗中傷で終わる話ではありません。

(実際Amazonのレビューではこの手の批判がかなり多かったです。)

監督が問題視しているところに私も大賛成です。

 

これらの問題は社会全体を巻き込んで、考察していくことが重要だと考えています。
私は、この題材の取材を進める中で、これらの事件の背景には、低学歴や貧困による“情報からの阻害”、社会保障の不備の隙間を突く“身近な風俗産業”が関係していると考えました。

子宮に沈める公式サイトより

 

特に私は事件を起こす女性の多くが風俗産業に入ってしまうことで、より社会から隔絶され、子供と一番すれ違う形になってしまうのではないかと感じました。

 

 

最後に

子宮に沈めるという作品は特に女性にはかなり抵抗のある作品でしょう。

ですが、実際に定期的に起きていることであり、今もどこかで助けを待っているお母さんがいることを認識するためにもこういった作品は消えてはならないように感じました。