縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画 ゾンビ映画 B級映画のあらすじ・ネタバレ・レビュー・感想を書きます!時々独り言をつぶやくこともあります

映画神さまの言うとおりのあらすじとネタバレ感想【三池監督エンタメバイオレンス】

<

ãç¥æ§ã®è¨ãéããæ ç»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

神さまの言うとおり(かみさまのいうとおり)は、金城宗幸原作・藤村緋二作画によるマンガ原作のサバイバルシチュエーションホラーです。

 

 

神様の言うとおりの評価

★★☆☆☆

うーん、なんだろうこの不完全燃焼感は。

元々マンガということもあり、主人公が結構キレものであることは織り込み済みなのですが、それでも迫力がないというか、単調というか、パニック感がないんですね。

R指定を避けるためにあえてそうしているのかもしれませんが、その結果やはりヤマなし、イミなし、オチなしのとんでもない作品になっています。

そうはいっても、毎回謎解きなんかは少しはありワクワクするので★は2つです。

神様の言うとおりのキャスト

出演:

福士蒼汰:高畑瞬
山崎紘菜:秋元いちか

染谷将太:サタケ

優希美青:高瀬翔子

大森南朋:タクミ

リリー・フランキー:ホームレス
神木隆之介:天谷武


監督:三池崇史
脚本:八津弘幸 原作:金城宗幸 ART:藤村緋二(講談社「週刊少年マガジン」連載) 音楽:遠藤浩二

 

キャストの見どころとしては主要メンバーもなのですが、やはりダルマからあじまるクリーチャーの声優陣ですね。

ダルマ:トミーズ雅

招き猫:前田敦子

コケシ:ダチョウ倶楽部

シャケ:渡辺哲

シロクマ:山崎努

マトリョーシカ:水田わさび、小桜エツコ

神様の言うとおりのあらすじ

高校生・高畑瞬は退屈な日常にうんざりしていたが、ある日突然現れたダルマによって生活が一変する。

命をかけただるまさんがころんだや、招き猫との鬼ごっこ、コケシとのかごめ、シロクマとのクイズ、そしてマトリョーシカとの缶蹴りの勝負に挑むことになり、理不尽なゲームをクラスメートとやらされることになる。

誰が何の目的でやっているのか。

瞬は生き残るために知恵と体力を駆使して勝負に挑むのだった。

神様の言うとおりのネタバレ感想

 何かが足りない映画の代名詞とも言える映画です。

キャストもしっかりしているし、それなりにちゃんと作っている映画のような気がするのですが、それでもB級映画以下の評価になってしまうのは果たしてなぜなのか。

CGのせい?

 対戦キャラの招き猫だったり、シロクマだったり、バリバリのCGで少し景色から浮いているというのはあるでしょうか。

そうは言ってもポリゴンのようなカクカクでもない分、かなりマシなのですが。

 

詰め込みすぎて内容が浅い?

短い時間でダルマからはじまり、招き猫、コケシ、シロクマ、マトリョーシカと4つの戦いを終わらせるために視点はゲームの進行の方に注がれてしまいます。

そのためキャラの扱いが雑で、いちかと瞬がどれくらい恋仲なのかもわからないですし、いちかもヒロインとしての存在感が薄い上に翔子など突然出て来て、突然殺されてしまうという始末です。

翔子が死ぬとこなどは見せ場なはずなのですが、あっさり死んでしまい、果たしてそんなに死を惜しむ相手なのか?と見ていて疑問でしたね。

脚本が浅い

原作にも問題があるのかもしれませんが、お、こいつは主人公の相棒になりそうだぞ!と思うとどんどん、死んでいきます。

テンポがいいのはいいことですが。誰か認識し始めると、すぐに死んでしまうので早送りで映画を見ている感覚です。

そして謎解きが、かなりご都合主義です。

コケシのところでコケシの声を録音していたことが勝因につながりましたが、コケシがなんというかなんてわからないし、そもそも拉致した時点でスマホ取り上げないのはどうなの?というところが気になって仕方ない。

ラストが最悪

しかも今回はラストが最悪でした。

いちかを殺す必要があったのか、、、、後半確かに翔子に押されていた感じはあり、ヒロインとしての存在感は無かったかもしれませんが、殺す必要があったのか、、、、

とにかく人を殺すことが軽すぎる作品になってしまいました。

 そこに重厚感がないと結局話として軽いものになってしまいますし、死んでしまったという悲しみも感じられなくなってしまいます。

 

神さまの言うとおりの最後に

もともとマンガでは2部構成ということもあり、続編ができる可能性もありましたが、現時点でその話は出ていないようです。

 ただ、最後の神様(リリーフランキー)との対峙があったので続編を作る予定で製作されたのは明らかです。

微妙な出来に続編は諦められたというのがオチでしょうか。