縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ 織り成す布はいつか誰かを暖めうるかもしれない

ホラー映画のあらすじからネタバレまで映画総合情報メディア

月間50万PVで振り返るはてなブログとワードプレスのメリットを徹底比較!

f:id:takkita411:20190308061550p:plain

はてなブログかワードプレスか

ホラー映画ブログで50万PV達成

ついに映画ブログで月間50万PVを達成しました。

PVは30日間で501,734PVとなりました。

f:id:takkita411:20190307120700p:plain

(2月は28日しかなかったので、2日足して過去30日のPVで算定しています)

ブログをはじめて15ヶ月の中でデイリー最高PVである、1日31,670PVを記録しました。

はてなブログとワードプレスの比較

 月間50万PVを達成してわかってきたはてなブログとワードプレスのメリット・デメリットを整理しながら今後のブログ運営に役立てる情報をまとめていこうと思います。

(基本的にデメリットは他方のメリットの間逆なので、それぞれのメリットを中心に見ていきます)

はてなブログのメリット

私は15ヶ月はてなブログのProを運営してきましたが、結論から言えばとても満足しています。以下はすべてPro有料版でのお話です。

はてなブログのサブディレクトリー

はてなブログがなぜ初期段階からSEOに強いかというと、グーグルのクロール(検索にインデックスされる作業)が巨大サイトからまずはクロールしていく傾向があるからです。

はてなブログははてなという巨大なサブディレクトリでドメインが各種設定されているため、グーグルから見つけてもらいやすいのです。

逆に言えばワードプレスが陸の孤島といわれるのは、ドメインパワーのあるドメインからバックリンクがないところに原因があります。

そのため、スタートダッシュを切ることができるのがはてなブログのメリットです。

はてなブックマーク

はてなブログの最大のメリットははてなブックマークやはてなブロガーのコミュニティの存在です。

 通常ワードプレスでブログをはじめる場合、当然一人でスタートするため同じようなブログを書いている人たちとの交流が難しくなってきます。

この点はてなブログの場合は新着記事やグループの存在によってつながりができSNSとしての役割を同時に果たしてくれるのです。

はてなグループ

ブログをはじめるとたいていの人が6ヶ月くらいから「ネタがない」「書く気が起きない」などの病気(?)にかかります。

これは誰でも一緒でやはり誰かと一緒に楽しく続けることが何事も重要で、そのためにはてなのグループやコミュニティーの存在は不可欠です。

スターなどはとても面白い制度であり、匿名ながらつながりを感じられるシステムとしてとても優秀だと思います。

モチベーションを保ち続けるのははてなのほうがいいと思います。

セキュリティ

ワードプレスなどのCMSは当然自身でのセキュリティ管理が必要になります。

この点はてなのほうがプロに任せられるという安心感があります。

ワードプレスの場合ですと自分ですべてセキュリティを管理しないといけません。

また、ワードプレスはバージョンアップも頻繁にあり、個人がアップデートしていかないといけないため一定以上の勉強が必要です。

ワードプレスのメリット

ワードプレスはとにかく自由度が高いというのが最大のメリットです。

はてなブログに対して少し勉強が必要ですが、自由度の高さを活かして自分の思い描く大抵のサイトは作ることができます。

自由なUI/UX

サイト構成を自由に変えることができるのがワードプレスのメリットです。

CSSやHTMLを組み合わせて自分好みのサイトに仕上げることもできますし、有料のテンプレートを使えば、はじめからレベルの高いサイトを作り上げることができます。

また、プラグインと呼ばれる付属パーツのようなものを使うことによってアンケートをとったり、投票システムをつけたりと多くの機能を付与することができます。

一方のはてなブログの場合ですと、あくまでもはてなブログ内のパーツの組み合わせを前提にCSSやHTMLを組み合わせていく必要があるため自由度が低くなってきます。

有料テンプレートの高いレベル

ワードプレスの有料テンプレートは非常にレベルが高いです。

様々なプラグインが組み込まれ、高くて人気が高いテンプレートはそれだけで完成度がかなり高いです。

はてなブログでのテンプレートよりもデザイン、UI/UXの面で優れているのでこちらも長い目で見るとかなり利点です。

サーバースペック

 自身でサーバー管理ができる人はハイスペックなサーバーやクラウドサーバーを割り当てることができます。

はてなブログの場合は所定のサーバーが割り当てられているためサーバーのスペックをあげることはできません。 

これはMFI(モバイルファーストインデックス)がはじまっていこう、サイトのスピードが重視される中で、サーバーのスペックはとても重要になってきます。

はてなブログかワードプレスか

 それぞれのブログの特性を見た上でタイプ別に見ていきます。

まずはじめに言っておくとSEO的にはどちらが絶対的に有利ということはないと思います。やはり結局は使う人次第で、プラスにもマイナスにもなります。その前提で見ていきたいと思います。

 アフィリエイターはワードプレス

 基本的にCV(コンバージョン)を追求していくアフィリエイトサイトではサイトのUI/UXは非常に重要です。CVポイントを多く設定していくには、それに特化した作りが必要ですが、残念ながらはてなブログのテンプレートにはあまりアフィリエイトのCVを追求したテンプレはないと思います。

初心者ははてなブログ

元々はてなブログは日記のように手軽に書けることを前提にしているので、初心者に優しい作りになっています。

また、どうしても初心者は6か月待つことができないのではじめのスタートダッシュに対する成果(=PV)が出ないとやめてしまう傾向があるのではてなグループに入って他の人のブログの研究もしながらはじめるのがおすすめです。

SNSをやらない人ははてなブログ

 個人的に重要なことはSNS流入をどう確保するかだと思っています。

ご自身でツイッターをやるなり積極的にSNSでブログを宣伝するのであれば問題ありませんが、そうでなければはてなブログではてなブックマークを活用すべきだと思います。

特にいわゆるスマニューなどの各種キュレーション系のサイトに掲載されるのはSNSでの話題が一つのアルゴリズムに組み込まれていると言われており、やはりSNS界隈での話題になることは重要なファクターと考えています。

雑記ブログははてなブログ

 雑記ブログはどちらでもいいですが、個人的にははてなブログをおすすめします。ここでいう雑記は「複数ジャンル」という意味ではなく、個人の日記のようなものを指します。

なぜなら個人の日記は必然的にコミュニティからの流入が中心になってきます。

ママさんブログがアフィリエイトで一定の収益が上がるのは「購読してるこのブロガーが勧めているならいい品だろう」という、ネット上の信頼ビジネス由来の部分がありますのでそのコミュニティの醸造はおそらくワードプレスでは難しいでしょう。

複数ジャンルはワードプレス

一方先ほど書いた、例えば映画ブログと金融系、とか複数のジャンルをどうしても書きたいのであればワードプレスをおすすめします。

というのもはてなブログには階層を深く掘り下げることができないためカテゴリー分けに限界があります。

一つの例がパンくずリストで複数の階層を表示できないという問題点があります。

「いやいや、コードを組み込めばいけるよ」という人もいますが、そんな「余計なコード」を埋め込むことは「冗長なコード」はグーグルのクローラー上(SEO上)よろしくありません。

はてなブログ・ワードプレス比較の最後に

まとめますと自分が上級者(もしくはそれを目指す)でアフィリエイターならワードプレス、初心者で楽しく長くブログをやりたいと思うのであればはてなブログでやることをおすすめしたいと思います。